素人がやるバイナリーオプション

バイオプは資金管理がしやすいのが良い

バイオプを始める前から株の取引はしていたのですが、株の場合時間外に悪材料が出ると予想外の損失が出るのでその辺がいつも気になっていました。
株の場合倒産のリスクがあるわけですから、常にゼロになる可能性を考えて取引をしているとはいえあくまでもゼロになった時に困らない資金で運用しているだけであって、実際にゼロになろうものならかなりと痛手となりますし、悪材料によるストップ安でも同じことです。
もちろん、その逆もあるわけですから良し悪しといったところなのですが、利益が出ていても株の運用は精神的な負担が大きなものとなっていました。

 

そこで、少し気楽に取引できる金融商品がないかと選んだのが、バイオプだったのです。
バイオプの場合はそれこそ、予想が外れれば投資したお金がゼロになってしまうわけですが、こちらはゼロになることを前提として取引をするわけですから資金管理もしやすく、予想外の事態が起こっても投資した金額を失うだけで済むというのは気が楽なものだと思ったのです。
いざ、取引を開始してみてもやはり取引はしやすいもので損失が限定されているというのは、これほど気楽なものなのかと感じました。
気楽に取引をすることができるので、相場分析に関しても余裕を持って行うことができたため、比較的最初の段階から利益を出すことができました。
そして、バイオプは利益が出た時にそれを次のポジションを取るための資金にしやすいので、資金効率が良く一回負ければ全てを失ってしまうリスクはあるものの実質的な損失に関しては最初に投資した金額がなくなってしまうだけですから、リスクは少なくリターンは大きなものと感じました。
連勝している時には止め時が難しいものの、最初の投資金額さえ回収しておけば大きな利益を狙うことが出来るのも楽しいもので、株と違って楽しく取引をすることができているのでバイオプを始めてよかったです。

 

 

私のバイオプの体験談

 

私がバイオプを始めたきっかけは、「話題になっていたから」という安易なものでした。それまで、FXや株式投資などに興味はあったものの、中々実際に始めるきっかけがつかめずに足踏みしているような状態でした。友人にはすでにFX取引を行っている人がいたので、その人を誘って一緒にバイオプを始めました。

 

証券会社やネット銀行に口座を開設したりと言ったって続きをし、一か月ほどで取引を開始することが出来ました。初回、あまり多めに入金してしまうと使いすぎてしまうのではないかと思ったため、取りあえず1万円ほどを入金し取引を始めました。

 

バイオプというもの自体に対する知識は調べていましたが、実際にシステムを使って取引を行うのは初めてだったため戸惑いました。しかし、私が使用したバイオプはシステムが非常に使いやすく、すぐに慣れることが出来ました。特に、自分独自の取引ロジックがあったわけではなく、「とりあえず”勘”」で購入してみました。

 

私が利用したのは国内のバイオプ業者です。その為、取引時間は2時間以上あるのでじっくりと動向を眺めていました。少しでもチャートが動くたびにワクワクしながら眺めていると、あっという間に時間が過ぎていきました。結局、初めての取引はヒットせず(予想が外れた)終了となりました。国内バイオプの場合、3時間区切りで取引時間が分けられています。内、1時間は前後の取引時間が重なっているので、結果が出る前に次の取引を始めることも出来ます。そこで私は、それまでの動向を参考にして新たにポジションを取りました。

 

2時間後、私の2回目の取引は見事にヒットし1,000円のペイアウトを得ることが出来ました。ポジションを購入した段階での価格が200円強だったので、差し引き700円程のプラスです。1回目の分を合わせると200円ほどのプラスですが、とにかく私は「ヒットした」と言うことが嬉しく、そこからしっかりとバイオプにハマってしまいました。

 

 

現在の国内FXの課題と売買ができるまでの早さ

 

現在の日本のFXは、昔に比べればだいぶシステムの改善されたと思います。
それには色々ありますが、例えばクリック数などは大きく変わったと思いますね。以前の業者の場合は、売買を行うまでに何クリックもしなければなりませんでした。私が口座を持っていた会社の場合は、新規の売買を行うまでに3クリックや4クリックほど必要だった記憶があります。しかし最近では1クリックで売買ができるようになっている会社も多いので、だいぶ改善されたのでしょう。
それと自己資本規制比率という数値も、改善された点の1つだと思います。それを公開しなければならなくなってからは、業者の倒産率などは大きく減ったと思いますね。
逆に現在の日本のFXには、改善しなければならない点もいくつかあるようです。その1つが、申し込みをしてから売買ができるようになるまでに若干の日数がかかる点です。
現在の国内の業者の場合は、パスワードを郵送しなければなりません。その関係上、口座の申し込みをしてから売買開始までに数日ほどかかってしまう事も多いのですね。急いで売買を行いたい方にとっては、ちょっとそれは困る事もあるでしょう。
ちなみに海外の会社の場合は、主にWEB媒体でパスワードなどを送ってくれます。ですので海外の場合は、非常に速やかに口座を作る事ができるのですね。
あのシステムが日本でも導入されるようになれば、かなりスピーディーに売買ができるようになると思います。電子媒体のセキュリティが強化されれば、だいぶ改善されるのではないでしょうか。

優待や配当を重視して株をしているのですが、売買益を狙おうとすると結構ストレスが溜まってしまうんですよね。
売買益を狙った銘柄で塩漬けになってしまうと、凄い損をした気分になってしまいますし何より持っていたい銘柄でもないので、取引をしていてあまり楽しいとは感じませんでした。
損こそしていないまでも納得できるだけの利益も出ているわけではありませんでしたから、株での売買益を狙うのは難しいかなと感じ始めるようになりました。

 

そこで、何かもっと別の気軽に取引できるものに投資をしてみようと思い選んだのが、バイナリーオプションでした。
バイナリーオプションは少ない金額から始めることができますし、負けた時にも投資した分がなくなるだけですから計算が立ちやすく取引しやすいと思ったのです。
実際に取引をしてみると、損失が限定的なのはやりやすいものだったのですが、気持ちをコントロールするのはなかなか難しく、負けが続くと金額を増やして勝負したくなるのが困りものでした。
バイナリーオプションは損失が限定的なのは良いのですが、負けたら投資した分を全て失ってしまいますから、熱くなったらあっという間に大金を溶かしてしまう危険性もあると感じたのです。
幸い大きく突っ込んで負ける前に冷静になることができたので、大きな勝負をする時には勝ちが続いた時に利益を転がすことにして負けが続いた時には、極力投資する資金を減らして痛手を減らすようにすることにしました。
すると負けてもそれほど痛くないので、精神的な余裕が生まれ勝ったときには利益を大きく膨らませることができますから、少ないリスクで大きな利益を狙うことができるので楽しく投資をすることができたのです。
とびきり儲けが出ているというわけではありませんが、楽しく投資をすることができその上で利益が出ているわけですから、株の売買をしているよりもバイナリーオプションをしているほうが良いと感じました。

続きを読む≫ 2015/07/22 12:46:22

FXを始めてみたのですが、色々と考えることがあって大変だと感じました。
投資はどのようなものにしても良く考えなければならないのでしょうが、とにかく考えなければならないことが多くて最初の内は特に苦労をしていました。
一番、悩んだのは決済のタイミングで利益確定をするにしてももう少し伸ばすことができるのではないか、あるいは伸びないのではないかと思って早めに利益確定をしたら更に伸びてしまって後悔をしてしまったり、損切りの場合には損切りをした後に値段が戻ってきたり、損切りが遅すぎて損失を大きくしてしまったりといつも取引に対し本当にこれでよかったのだろうかという反省ばかりでした。

 

そこで、もう少し考えることが少ないものがあれば良いのにと考えている時に、バイナリーオプションを知ることとなり、これなら一番難しい決済ポイントを考える必要がないので、取引しやすいと思い始めてみることにしました。
バイナリーオプションを始めて最初に感じたことは決済のことを気にしなくて良いので、エントリータイミングだけに集中をすることができたので、そこさえ上手く行けば利益を出せるのではないかという考えがあったため、考えることが少なくなった分だけ相場が良く見えるように感じました。
もちろん、最初の内は勝ったり負けたりでしたが少しずつコツをつかむことができるようになり、勝ちのほうが増えるようになってきたのです。
そこで、更に大きく利益を増やしていこうと思い勝つごとに少しずつ投資する金額を増やしていき、負けたら減らすという方法をとるようにしてみました。
バイナリーオプションは少額から取引をすることができますから、ポジションを増やすのも用意で勝てばどんどんポジションを膨らませることができ大きく増やすチャンスもそれだけ多いものとなりました。
連勝をするのは難しいものですが、負けても損失は少なく連勝した時には大きく勝てるので自分にはバイナリーオプションがあっていると感じました。

続きを読む≫ 2015/07/22 12:46:22

FXの売買を行っている方によっては、かなり短期的なやり方を採用している方もいらっしゃいます。いわゆるデイトレなどは、比較的短期間と言えるでしょう。スイングトレードで売買を行っている方も多いですが、デイトレもまた負けじと多いですね。
そしてデイトレでその売買を行っている方は、業者の健全性をあまり重視していない傾向があるようです。というのも短期で売買を行っている方の場合は、会社が倒産するか否かはあまり重要でないと考えている事も多いからです。
そもそも金融会社は、たまに倒産をしてしまう事もあるのです。例えば数ヶ月前に、スイスで大きなショックが発生しました。ちょっと金利に関する報道がなされた事により、フランが大きく動いていたのですが、一部の金融会社は倒産してしまっていたのですね。ですので倒産が発生するのは、大いにあり得る事なのです。
長期で売買を行っている方にとっては、それは困ってしまうでしょう。長期売買ともなると、基本的には金融会社に対して長い間お金を預ける事になるからです。
ところが短期間での売買を行う方は、たとえ倒産が発生してもそれほど大きな被害を受ける事が少ないと言われています。というのも金融会社から細かく出金をすれば、問題は無いからです。利益などが発生したのであれば、直ちに出金をしてしまえばたとえ倒産が発生しても大きな被害を被ることも無いでしょう。
このように会社の健全性が重要か否かは、FXでの売買スタイルによって異なる訳です。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:20:02

FXで利益を目指す為には、基本的には外貨の電話機を用いる事になります。そしてその値動き幅も、時間帯による違いがあるのですね。
丸一日チャートを見てみるとよく分かるのですが、その値動きには波が大きいタイミングとそうでない時があるのです。いわゆるボラが大きな時と、そうでない時があるのです。
では具体的にはどのような時間帯にボラが大きくなる傾向があるかと申しますと、例えば午前中の時間帯などは、比較的よく動く傾向があります。私の経験上、9時から10時半頃にかけての時間帯が案外と大きく動いています。その時間帯になると色々な理由で市場が活発になりますので、トレンドなども発生しやすい傾向があります。
また深夜の時間帯なども、案外と大きく動く傾向があるのです。その時間帯になれば、欧州勢の方々はマーケットに参加してきますね。市場参加者が多ければボラも大きくなりがちなので、深夜の時間帯などもトレンドが発生やすい傾向があるのです。
ですのでトレンド主体で売買を行いたいと思っているならば、その午前中や深夜の時間帯を意識すると良いでしょう。その時間帯ならば、短時間で大きな値動きが発生する事もありますね。
逆にちょっとボラが小さめなのは、明け方の時間帯です。特に朝の4時ぐらいなどは、ちょっと値動きが小さいと考えて良いでしょう。また13時や14時などでも、比較的値動きが小さい事が多いようです。
このように時間帯と値動きを意識するのは、FXでは大切だと考えます。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:19:02