GMOクリック証券で取引できるCFDとは

GMOクリック証券で取引できるCFDとはContract For Differenceの略で、日本語にすれば差金決済取引を指します。Contractは契約という意味で、Differenceは差額、あるいは差金といった意味を指します。差金決済によって取引をするための金融商品で、いろいろな資産の値動きだけを抽出した商品だとも言えます。たとえば株式の場合を考えて見ましょう。GMOクリック証券では株式を購入することもできますが、株式を対象としたCFDを購入することもできます。この違いはたくさんありますが、決定的に違うのは株主になることができるのかできないかです。株式を購入すれば株主になることができます。ですから、議決権を得ることもできますし、株主優待を得ることもできます。

実質的に経営に関与していくことができるのが株主になることです。CFDの場合、値動きだけを追っていきますから、株主になることはできません。株式を所有するのではなくて、株式と同じ値動きをする商品を手に入れるという意味だと考えればわかりやすいです。差金決済ですからいずれは反対売買をすることになります。つまり、買いポジションを持った場合にはいずれ売らなければなりませんし、売りポジションを持った場合にはいずれ買い戻さなければなりません。信用取引に似ていますが、現引きや現渡しができないという点で異なります。為替レートに対する差金決済商品としてFXがありますが、FXと同じ仕組みで通貨以外のものを対象としたものがCFDだと考えればわかりやすいでしょう。そのメリットは取引コストが安いことやレバレッジをかけられることなどがあります。また、小口で買うことができるというメリットもあります。GMOクリック証券のCFDでは国内株式だけではなくて外国株式や株価指数、金や原油などのコモディティなども取引できますから、シーンに合わせて多彩な戦略をとることができます。