FXでボラが大きくなりやすい主なタイミング

FXでボラが大きくなりやすい主なタイミング

FXで利益を目指す為には、基本的には外貨の電話機を用いる事になります。そしてその値動き幅も、時間帯による違いがあるのですね。
丸一日チャートを見てみるとよく分かるのですが、その値動きには波が大きいタイミングとそうでない時があるのです。いわゆるボラが大きな時と、そうでない時があるのです。
では具体的にはどのような時間帯にボラが大きくなる傾向があるかと申しますと、例えば午前中の時間帯などは、比較的よく動く傾向があります。私の経験上、9時から10時半頃にかけての時間帯が案外と大きく動いています。その時間帯になると色々な理由で市場が活発になりますので、トレンドなども発生しやすい傾向があります。
また深夜の時間帯なども、案外と大きく動く傾向があるのです。その時間帯になれば、欧州勢の方々はマーケットに参加してきますね。市場参加者が多ければボラも大きくなりがちなので、深夜の時間帯などもトレンドが発生やすい傾向があるのです。
ですのでトレンド主体で売買を行いたいと思っているならば、その午前中や深夜の時間帯を意識すると良いでしょう。その時間帯ならば、短時間で大きな値動きが発生する事もありますね。
逆にちょっとボラが小さめなのは、明け方の時間帯です。特に朝の4時ぐらいなどは、ちょっと値動きが小さいと考えて良いでしょう。また13時や14時などでも、比較的値動きが小さい事が多いようです。
このように時間帯と値動きを意識するのは、FXでは大切だと考えます。